バーチャル展示会で販路拡大を目指そう!

このサイトでは、バーチャル展示会のプラットフォームを活用して販路拡大の方法や多様な層を集めることができかについて解説を行っています。
それ以外にも他の集客方法より優れた点や事前の準備、向いている業種なども紹介しております。
お客さんは直接、展示会場に足を運ばずとも、オンライン上のバーチャルの世界で参加することができるのも優れ、やりとりもしっかり行うことが可能です。
時間がなくて通うことができない方、さらには足腰の不自由な方でも十分に対応することができます。

バーチャル展示会のプラットフォームを活用して販路拡大を目指す!

バーチャル展示会のプラットフォームを活用して販路拡大を目指す! 企業にとって、開発した商品やサービスをどのように顧客や消費者にアピールをしたら良いのかを悩むシーンが増えています。
大抵の場合には会場をとって展示会を開催して、係の人が案内することが一般的には行われておりますが、発想を展開してオンライン上でバーチャル展示会を開催する方法があります。
バーチャル展示会を開催する上では、専用のプラットフォームを要しますが、その特徴は実際に来場した視点で会場を歩き商品を閲覧することが可能な点です。
360度スクロールする形になりますので、自在にバーチャル展示会の会場内を歩いている感覚になります。
まずは多くの人が訪れやすくなる魅力があり、様々な年代層を取り込むことができたりします。
そのため販路拡大にも貢献するため、バーチャル展示会のプラットフォームを活用することは優れています。

プラットフォーム型バーチャル展示会の可能性

プラットフォーム型バーチャル展示会の可能性 従来の展示会といえば、大きな会場に人、情報、会社などが集まるいわゆる「密」になるものでした。
ただその「密」が新型コロナウイルスの蔓延により、よしとされなくなってしまった現在においてインターネット上に会場を設けるバーチャル展示会が大きな可能性があると注目されています。
ではそのバーチャル展示会とは一体どのようなものなのか、実際の展示会と比較してみます。
 まずは会場です。
従来の展示会では施設や建物を使いますが、それに対しバーチャル展示会ではプラットフォームを使います。
プラットフォームとは簡単にいうと空間、土台のようなものです。
インターネット上でプラットフォームという空間の中に展示会参加者が出展したり、出展されている情報を得にきたりします。
そうなると参加の仕方も変わってくることは必然です。
実際の施設や建物に出展される従来の展示会とは異なり、インターネット上に会場があるため参加のハードルがグッと下がります。
ネット環境があればパソコンやスマホを開くだけで国内外どこにいても参加可能ですし、また移動時間がかからないことや少しのぞいてみるだけ等の各個人の都合で滞在時間を調節できます。
 このように参加者にとって都合がよければよいほど多くの人が来場するということになり、それは出展側にとってリーチ数があがって目的達成の可能性が上がるということになります。
資料の作成やコストも削減できますし、効率を求める時代になればなるほど更なる可能性があるのではないでしょうか。

集客術を取り入れたバーチャル展示会の実現に向けて

展示会と言えば実際にアピールしたい商品を綺麗に並べて見せることが目的とされてきましたが、最近は狭い空間を最大限に活用したバーチャル展示会が注目を集めるようになってきました。
その名の通りバーチャルな世界を駆使して実現不可能なことでも可能にできる画期的な試みになるので、より多くの方に見てもらえるように個性を活かした展示方法を行えばきっと高い集客力が見込めるはずです。
バーチャル展示会を成功させる為に必要な集客術については、クオリティの高いCG技術を駆使して商品の魅力を伝えること、そして目を惹きつけるような他とは違った要素を取り入れて異空間を作り出すことになります。
バーチャルの世界に不可能なことはないと言われている通り、どんなことであっても技術さえ要していれば必ず実現させることができるので、信頼性の高いクリエイターを雇って個性を活かした展示の仕方を可能にしていってください。
また、集客術を取り入れるにあたっては何を一番アピールしたいかを明確にして、それを伝える最良の方法を見つけることが肝心になります。

テレワークでも実施可能なバーチャル展示会

バーチャル展示会であればテレワーク中であっても実現可能です。
一般の展示会は、ある程度の広さのある会議場やホールとかバンケットなどを会場とし、そこに展示したい実際の製品やパンフレットなどを並べ、スタッフが常駐して来場者に対応する形が典型的です。
これは、実際にその場所にスタッフも顧客も来場することが前提であり、リモート的に開催するものではありません。
一方でバーチャル展示会は、インターネット上に接続したパソコンやスマートホンを用い、紹介したい製品をディスプレイ上に映したり、スタッフがマイクで説明を加えたりするものです。
主催者も顧客もどこかの会場にやってくるような必要はなく、それこそお互いに自宅にいた状態でも実施可能になります。
製品の実物を手に取って触ったりするようなことができないという大きなデメリットがあることは否定できませんが、わざわざ会場を設営したり来場を求めたりしなくても良いメリットがあります。

バーチャル展示会で各企業のインサイト情報を知ろう

インターネットの普及で、様々な事が様変わりしてきました。
インターネットを利用することによって、私たちは自分の部屋から出ることなく様々なところ情報を得ることができるようになってきています。
このようなことが、展示会などでのイベントなども活用されるようになってきました。
これまで展示会と言うと、大きな会場を借りて人を集めてやるというのが普通のことだったのですが、インターネットを利用したバーチャル展示会というものが行われるようになってきています。
最新の技術では、バーチャル展示会の各ブースにちょっと寄るというような雰囲気のことができるようになってきました。
そのようなことを活用することで、あたかもそこの会場にいて出店企業のインサイトの状況が分かるような雰囲気が味わえるようになってきています。
自宅にいながら、このようなことが体験できるという事は大変大切なことです。
時間がないビジネスマンたちにとっては、移動時間というのはできるだけ減らしたいものですから、そのような意味合いでも大変重要です。

バーチャル展示会を行う場合の購買意欲について

バーチャル展示会でも、単に製品を展示して紹介し内容を知ってもらうだけが目的ではなく、その場で購入にまで至って欲しいという意図があるケースも多くあります。
この場合、どのようにして購買意欲を掻き立てるかはしっかりと考えておいたほうが良いでしょう。
そもそもバーチャル展示会という開催方法そのものがまだまだ一般的でないというか珍しいものであるために、やって来るお客さんは今までにない経験をしたということで気分が高まっているかもしれません。
それは即ち展示された製品を自分でも買ってみたいという気持ちにつながることも十分に考えられますから、この点ではプラスだと思っていて良いです。
一方で、バーチャル展示会は購買という行動を阻害しかねないような要素があることも事実です。
いくら画面上で製品を見ても、自分で手に取って手触りを感じたりすることはできませんし、説明するスタッフとの距離感も微妙で、離れていきやすいかもしれないからです。

バーチャル展示会を行うなら多彩な機能を持つツールがおすすめ

コロナ禍で実際に会場で多くの人を集めるのが難しくなっていますが、代わりにオンラインで行うバーチャル展示会やイベントが盛んになっています。
そしてバーチャル展示会を行うなら全体講演やブースごとのセッション配信が可能で、グループ通話や1対1の個別商談や アンケート機能やチャットもできるツールをおすすめします。
バーチャル展示会を行うツールには、そのほか参加者リストからの個別メッセージ送信から参加者へのブース招待や呼び込み、席指定や来場者データの取得もできます。
しかも1イベント最大5000人各フロアは最大1000人まで参加することができて、シンポジウムやフォーラムに学会学術イベント、カンファレンスなどもオンラインで開催可能です。
さらにイベントの世界観を演出しやすく合同展示会や商談会やパブリックショー、見本市などのオンライン化もスムーズに実施し出展企業ごとのブースや、ネットワーキングの場を設けられます。

バーチャル展示会を利用する出展企業は増えている

バーチャル展示会は、文字通りオンライン上の仮想空間の中で催し物を行うことです。
本来、展示会は多くの出展企業が参加することによって成り立つものです。
しかし、現実的な問題としてその場所で人を集められないという制約が存在することも少なくありません。
出展企業は、多くのクライアントに見てもらうことによって初めて自社の製品やサービスをアピールできます。
こういった、広範なアピールの場所として新たに考えられたのがバーチャル展示会です。
バーチャル展示会では、場所や時間を問わずに参加できるメリットがあります。
仮想世界で作られた展示会であるため、現実のような制約が存在せず自由な形で利用できます。
また、集客の幅が広がるメリットも存在します。
データ上でどういった顧客を相手にしているかがわかりやすくなりますので、データの分析が容易だからです。
ターゲットを絞って集客を考えていくことができるようになるため、非常に魅力的です。

天候に左右されないバーチャル展示会でローンチ

自社の商品やサービスをローンチするために展示会を開催しても、悪天候になってしまっては集客の伸びは期待できません。
天気の長期予報を参考に日程を決めても、上手くは行かないのが世の常です。
その一方でオンラインで開催するバーチャル展示会なら、リアルとは違った新たな表現ができるだけではなく、天候の影響を一切受けないため中止や延期を考える必要もありません。
また、オンラインならインターネット環境のある場所ならどこでも参加できるため、より多くの来客が期待でき、バーチャル展示会のブースを見てもらえたなら自社の商品やサービスをそれだけ多くの人々に伝えることができます。
バーチャル展示会は非接触や行動制限が求められた中で誕生したものだと思ってしまいがちですが、実はリアルな展示会に無かったような様々なメリットがあることが分かっています。
それらの事情から、はじめからバーチャル展示会を開催することを想定してプランニングするケースが増えています。

バーチャル展示会においての見える化について

ウィズコロナ、アフターコロナによって非接触のバーチャル展示会が注目されるようになりました。
バーチャル展示会とは従来のような会場に来場者を集めて行っていた展示会を、仮想空間にて開催する事です。
開催内容は以前のオフライン展示会と変わりません。
企業の商品やサービス、講演やセミナーなどのコンテンツが提供されています。
感染症の流行により、イベントの中止を余儀なくされたため、オンラインでの開催が代替手段に変わりました。
今ではオフラインとバーチャル展示会を同時に行う、掛け合わせの開催もあります。
バーチャル展示会のメリットは、コストが削減できる事。
時間や場所、天気の影響も受けずに済むことです。
そしてオフライン展示会と違うのは、来場者の行動をデータとして追跡し記録している点です。
これにより一人ひとりの商品への興味や、訪問した企業ブースなどをすくい上げることができます。
このように行動を見える化すると、商談に向け効率的にアプローチすることが可能になります。

バーチャル展示会においてのアプローチについて

バーチャル展示会とは会場を借りて行わず、ウェブ上で開催される展示会です。
バーチャル展示会では、動画や画像によるサービス、講談会やセミナー配信、商談、カタログ資料などを提供することができます。
展示会は2種類あり、合同型のオンライン展示会は主催者が用意したプラットフォームに企業が出展します。
集客での手間をなくすことができ、出展は難しくありません。
単独型オンライン展示会は自社でサイトやプラットフォームを活用します。
自社でコンテンツを自由にカスタマイズできるため、オリジナリティーある訴求が期待できます。
集客を含めた全てを自社で実施しなければならないため、難易度は高いでしょう。
バーチャル展示会はブースの設営費や人件費、交通費などがかかりません。
また、時間や場所の制約もありません。
ウェブ上で行われるため、全国の見込み客に見てもらえる可能性もあります。
開催期間中は24時間アプローチすることが出来るのもメリットです。

再出展の負担を減らしてくれるバーチャル展示会

展示会に出展するまでには、膨大な準備が必要です。
展示物の準備から会場のブースデザインなどなど、膨大な時間と手間をかける必要があります。
バーチャル展示会の場合も、出展前には準備をしなければいけません。
ブースデザインなどのデザインを作りデータ化したりと、リアルの会場で開催されるときとは異なる準備もあります。
そのため初めてバーチャル展示会に出展するときには、戸惑いも多いかもしれません。
しかしバーチャル展示会の良いところは、一度出展すれば2回目以降は楽ができる点です。
リアルの会場で開催される展示会は、そのたびに一から全ての準備をしなければいけません。
一部には使いまわしできる要素があっても、ほとんどは毎回同じ作業をする羽目になるでしょう。
ですがバーチャル展示会は元のデータさえあれば、すべてを使いまわしできるので再出展が楽です。
負担を少なくしながら再出展が可能になるのは、リアルにはないメリットとされています。

バーチャル展示会ではリアルタイムに販促を行える

バーチャル展示会では、リアルタイムに販促を行うことが可能となっています。
イベント会場を使った販促会とは違い、24時間に亘ってのキャンペーンをバーチャル展示会であれば営めるのです。
バーチャル展示会に出展する際には、ブースデザインに拘ることが欠かせません。
競合が多い中では、人目を惹くブースデザインであることは大切となるからです。
デザインを施すのと同時に、チャット機能などの付加サービスを備えることも欠かせません。
興味を抱いたユーザーが、気軽に問い合わせられる環境を構築することが大切です。
殆どのバーチャル展示会事業者では、無料で受けられる事前カウンセリングを実施しています。
新商品を発表したり、既存製品の販促を梃入れしたりする際には、バーチャル型の展示会を活用するのも良いでしょう。
リアルタイムにユーザーへの販促を行えれば、売上目標を実現することも可能となります。
インターネットを使った販促を検討する際には、バーチャル型の展示会を使ってみるのも良いものです。

バーチャル展示会の参加者とネットでの予約受付

展示会は、実物のものを展示会の会場にもっていき、スタッフとお客様とのやり取りを行い、いろんな方に商品やサービスの魅力を知ってもらうことができる良い機会を作れます。
しかし、県外の人など、遠方の方に来てもらうのが難しい場合もあるため、より幅広くたくさんの人が集まれる形として、バーチャル展示会に注目することをおすすめします。
参加者はネットの世界で気軽に参加することができるため、イベント会場に行くのが難しい方も気軽に参加することができる利点があります。
ネット予約にも対応しているため、バーチャル展示会は簡単に参加することができ、ビジネスチャンスもあります。ネット予約を行うことやネットでのイベント実施のノウハウがある企業もあるため、サポートが充実するサービスを選択することも大切です。
システムの面でも万全な状態で開催することができるように、初めての開催というケースはサポートの充実するサービスを利用することをおすすめします。

バーチャル展示会で臨場感を演出するための工夫

最近は展示会をオンライン上で実施するケースが増えてきました。
展示会の醍醐味である商品を直接見たり触ったりするという部分を除いたイベントで、どれほど効果を上げることができるのか気になる方も多いはずです。
しかし残念ながら、オンラインで行う展示会でオフライン並みのサービスを実施することは不可能といえるでしょう。
やはり直に商品とふれ合うほどの効果を生み出すのは難しいといえます。
とはいえ、いろんな工夫をすることでバーチャル展示会でも臨場感を出すことは可能です。
たとえばVRを利用して、見込み顧客と実際に会場にいるかのようなやり取りをすることができます。
アバターを通して会場を回りながら、そこにある商品やサービスについてのプロモーションを体験するのは参加者に新鮮な感覚を感じさせてくれるでしょう。
会話はチャットで行いますし、会場内の移動もスムーズにできるのでストレスを感じることなく操作できます。
オフラインほどではないものの、バーチャル展示会でも臨場感を出すことも不可能ではありません。
既存のシステムを活用することで、それまでにない新しい展示会を開催することもできます。

ビジネスの現場で広がっているバーチャル展示会のメリット

バーチャル展示会は、ビジネスで有効活用されています。
特に、外出が厳しくなった昨今に効率的により多くのユーザーを集められる手段として重宝しました。
バーチャル展示会は、オンラインを利用して多くのユーザーを集められるサービスです。
それぞれの企業に対してきちんとした出展ブースも存在するので、形として通常の催し事とほとんど変わりません。
ただ、それをインターネット上の仮想空間で行うという特長が存在します。それぞれのユーザーには専用のアバターが提供されますので、どういったユーザーや企業がそのブースを出展しているのかがわかりやすいです。
ビジネスという観点から歯、コストを大幅に抑えることができる利点が大きいです。
一般的に、イベントを行う場合には会場を準備しなくては行けなかったり、広告や宣伝活動にも力を入れなくてはいけません。
バーチャル展示会の場合は、こういった部分で無駄な手間を全て省くことができるのが大きな利点です。
費用対効果が高いので、それだけ有効活用できる魅力が多いです。

バーチャル展示会では展示ブースのデザインに拘ることが大切

バーチャル展示会では、展示ブースのデザインに拘ることが欠かせません。
イベント会場で行う展示会とは違い、24時間に亘ってユーザーをアクセス可能にするのが、バーチャル展示会が持つ魅力でしょう。
バーチャル型の展示会を用いることで、都合に応じた自由な販促を実現させられるのです。
バーチャル展示会に出展する際には、展示ブースに拘ることが欠かせません。
視覚効果が高くなくては、競合企業との差別化を図っていけないからです。
バーチャル展示会を特集するサイトの多くには、過去に出展したブースの事例が掲載されています。
流麗なデザインが施されていたり、通販機能を備えていたりといった風に、ブースが持つ特徴を細部に亘ってまで説明しているのです。
新商品が発表されたり、既存製品の販売状況を梃入れしたりする際には、バーチャル型の展示会は大きな効力を発揮するでしょう。
出展する際には、ブースのデザインに拘るのは勿論、ユーザーを飽きさせることのないコンテンツ作りを心がけることも大切です。

有名人が彩る最先端の体験 バーチャル展示会の魅力

新技術が生み出す非現実的な世界への誘い、バーチャル展示会が注目を集めています。
リアルな展示会場を訪れることなく、自宅からでも簡単にアクセスし、あたかもその場にいるかのような体験が可能です。
さらに、有名人が出演することで、展示会は一層華やかなものへと進化しています。
バーチャル展示会の最大の魅力の一つは、地理的な制約を超えて、世界中どこからでも参加できる点です。
海外の新作アートを見たり、話題のファッションショーをリアルタイムで楽しんだりと、幅広い文化活動が手軽にお楽しみいただけます。
そして、このバーチャル環境での有名人との交流は、参加者に特別な感動を与えます。
有名人がゲストとして参加することで、展示会には新たな可能性が生まれます。
彼らが展示する作品の解説を行ったり、ファンとの交流イベントを開催したりと、従来の展示会では考えられないようなダイナミックなプログラムが組まれるのです。
また、バーチャル展示会はコストの削減にも寄与します。
会場設営や移動のための出費が不要となり、より多くの人々が文化活動に触れる機会を持てるようになりました。
このように、バーチャル展示会は有名人の力を借りて、文化の発信と享受の在り方を変えつつあります。
今後もこのような展示会は増加の一途をたどるでしょう。
現実とバーチャルが融合した空間で、多くの人々が新たな体験を求め、絶えず新しい価値を生み出していくことになるでしょう。

音楽が彩る新しい体験、バーチャル展示会の魅力

最近の技術進歩は多様な分野に革新をもたらしており、特にバーチャル展示会の開催においてはその影響は顕著です。
かつては遠隔地からでも製品やサービスを紹介する手法として利用され始めたバーチャル展示会ですが、今ではその参加体験を高めるために音楽の力が借りられることが一般的になりつつあります。
この記事では、音楽を積極的に取り入れたバーチャル展示会が何故注目を集め、多くの人々に受け入れられているのかを探ります。
音楽は人の感情に直接訴えかける力を持ち、それによってバーチャル展示会の雰囲気を劇的に変化させることができます。
例えば、リラックスしたいときはゆったりとしたメロディを、集中を高めたいときはテンポの速い曲を選ぶことにより、来場者の気分や行動に影響を与えることが可能になります。
さらに、バーチャル展示会が提供する視覚的な要素と音楽が調和することで、来場者にとってより没入感のある体験を作り出します。
会場の様々なコーナーを巡る際に流れる音色は、まるで実際の展示会場で生の音楽を聴きながら歩いているかのような錯覚を覚えさせることもあります。
バーチャル展示会に音楽を導入することのもう一つの利点として、ブランドイメージの向上が挙げられます。
選曲によっては、そのブランドの個性や伝えたいメッセージを強調し、より記憶に残りやすくすることができるのです。
以上のように、バーチャル展示会における音楽の活用は、多方面にわたって参加者の体験を豊かにし、記憶に残るイベントを実現する上で不可欠な要素となっています。
今後もこの傾向はさらに進化し続けるでしょうし、それによって私たちの展示会観も変わっていくことでしょう。

バーチャル展示会で動作不良を避けるための秘訣

バーチャル展示会の人気が年々高まる中、安定した運営が求められるようになっています。
展示会をスムーズに進めるためには、事前準備における徹底した対策が不可欠です。
ここで重要となるのが、参加者や出展者の体験品質です。
動作不良なく、使いやすい環境を提供することが成功への鍵を握ります。
バーチャル展示会を円滑に運営する上で最初に確認すべき点は、システムの互換性や負荷耐性です。
多様なデバイスやオペレーティングシステムをサポートすることでアクセス性を高めます。
さらに、配信するコンテンツの最適化により、幅広い通信環境に対応した快適な視聴体験を実現できます。
事前のテストを徹底することも欠かせません。
模擬運用を行い、想定するピーク時のアクセス数においても安定して動作するかを確認します。
参加者とのコミュニケーション手段も重要です。
何か問題が発生したときにスムーズにサポートを提供できる体制を整えることで、信頼性を向上させます。
課題が見つかった場合には迅速な対応が求められるため、専門の技術スタッフを常駐させることも検討しましょう。
これらの対策により、バーチャル展示会はより有意義な商談の場へと進化し、多くの人々に親しまれるイベントになることでしょう。

アンケートを用いたバーチャル展示会の新しい可能性

バーチャル展示会は、インターネットの普及に伴い世界中の企業や個人が利用しやすいプラットフォームとなり、実際の展示会に代わる形で多くの場面で活用されています。
バーチャル展示会では、参加者が実際に会場に足を運ぶことなく、自宅やオフィスからでも新製品の情報やサービスを受け取ることができ、交通費や時間の節約が大きな利点として挙げられます。
さらにバーチャル展示会を有効に活用する方法の一つとして、アンケートがあります。
アンケートを用いることで、来場者のニーズや反応をダイレクトに把握できる他、展示会の質をさらに高めるための貴重なフィードバックを収集することができます。
来場者からの具体的なコメントや評価を元に、次回のバーチャル展示会の改善点を見つけ出し、より魅力的な内容に調整することが可能です。
またバーチャル展示会は、地理的な制限がないため、世界中から多様な来場者を集めることができるのです。
これにより、アンケートを通じて、様々なバックグラウンドを持つ人々の意見を聞くことができるので、グローバルな視点からの市場分析が行えるというメリットがあります。
しかしアンケートを有効にするには、いくつかのポイントがあります。
まずアンケートは短く簡潔にすること、質問は明確にし、参加者が答えやすい形式にすることが重要です。
また、アンケートの結果をもとに素早く改善を行い、参加者にその結果をフィードバックすることで、次回への期待感を高めることも大切です。
バーチャル展示会は、さらなる進化を遂げ、多くの業界での標準的なイベント形式となりつつあります。
アンケートを用いることで、主催者と参加者双方にとって意義深いイベントになることでしょう。

バーチャル展示会のセキュリティー強化への取り組み

最近の技術進歩により、バーチャル展示会が注目されるようになりましたが、同時にセキュリティーの重要性も高まっています。
バーチャル空間での商談や製品展示では、参加者の個人情報保護やデータの安全な取り扱いが求められるためです。
このため、バーチャル展示会を主催するにあたっては、参加者および出展企業の情報が第三者に漏洩しないようなセキュリティー対策が不可欠です。
こうした対策には、エンドツーエンドの暗号化技術を活用することが挙げられます。
これにより、通信が外部からの傍受を防げるようになり、情報漏洩のリスクを低下させることができます。
さらに、参加者に対しては、二要素認証や複数の認証手段を用いることで、アカウントの不正利用を防止します。
また、進行中のイベントにおける不審な動作を監視し、疑わしいアクセスがあった場合は迅速に対応を取るシステムの導入も重要です。
さまざまなセキュリティー対策をバランスよく施し、参加者が安心してバーチャル展示会を楽しめる環境を提供することが求められます。
このように、バーチャル展示会を取り巻くセキュリティー環境は日々進化しており、最新の技術を採用することで、より安全な商取引の場を提供できるよう努力が続けられています。
今後も、企業や主催者は最新のセキュリティー動向に注意を払いつつ、バーチャル展示会の品質向上に努めなければなりません。

バーチャル展示会に関するお役立ち情報

バーチャル展示会プラットフォームについての情報

新着情報

◎2024/3/15

情報を更新しました。
>有名人が彩る最先端の体験 バーチャル展示会の魅力
>音楽が彩る新しい体験、バーチャル展示会の魅力
>バーチャル展示会で動作不良を避けるための秘訣
>アンケートを用いたバーチャル展示会の新しい可能性
>バーチャル展示会のセキュリティー強化への取り組み

◎2023/5/15

情報を更新しました。
>バーチャル展示会ではリアルタイムに販促を行える
>バーチャル展示会の参加者とネットでの予約受付
>バーチャル展示会で臨場感を演出するための工夫
>ビジネスの現場で広がっているバーチャル展示会のメリット
>バーチャル展示会では展示ブースのデザインに拘ることが大切

◎2022/7/21

情報を更新しました。
>集客術を取り入れたバーチャル展示会の実現に向けて
>テレワークでも実施可能なバーチャル展示会
>バーチャル展示会で各企業のインサイト情報を知ろう
>バーチャル展示会を行う場合の購買意欲について
>バーチャル展示会を行うなら多彩な機能を持つツールがおすすめ
>バーチャル展示会を利用する出展企業は増えている
>天候に左右されないバーチャル展示会でローンチ
>バーチャル展示会においての見える化について
>バーチャル展示会においてのアプローチについて
>再出展の負担を減らしてくれるバーチャル展示会

◎2021/8/19

事前の準備が必要
の情報を更新しました。

◎2021/6/30

サイト公開しました